Aire Project Blog

一つ目の案件の終わりと次の仕事の始まり

今日でフリーランスとしては1件目の案件の最終日でした。
最終日ともなると、引き継ぎも終わり、新しい仕事が振られるわけでもなく、手持ち無沙汰なまま時間が終わるのを待ってた感じでしたね。
プレミアムフライデーだったので、早めに仕事を終わって、ビアガーデンで送別会。
今回は完全にトップダウンだったので、一緒に働いていた現場の人たちはとても残念がっていて、自分としてはありがたかったです。
短い間でしたが、貢献できたのかなと。

前にも書きましたけど、1月に始めて、9月で唐突に終わるという、想定外の事態で笑ってしまいましたけど、まぁ、逆に良かったのかな、なんて。
あまり一つのところに長く居すぎるとしがらみもできるし、スピード感も落ちるだろうし。

一応、ご報告しておくと、次の仕事も決まりました。

今回もレバテックフリーランスさんにお世話になったんですが、契約終了とわかった時点から案件の紹介と営業をしてもらって、一週間で20件弱の案件紹介と5件の商談がありました。
自分で営業しなくて済むというのは、とても助かりますね。
これだけやってもらえて、無料だし。
ありがたい。

前回は商談1回で、条件もいいし、これでいいやって決めちゃったんですけど、今回は5回の商談をやりました。
ほぼ毎日(笑)
フリーランスの商談って、言ってみれば、演劇のオーディションみたいなものだなと思いましたね。
先方は依頼したい仕事と必要スキルと単価などの条件を提示し、こちらは自分のスキルと希望条件を提示する。
それで、お互いに納得すれば、じゃあ、お願いします。
となる。

雇用・被雇用の関係じゃないぶん、スッキリしている。
会社員とかサラリーマンとか、なんか、もういいやって思うわ。
え?正社員??(笑)それ美味しいの?って感じ。

それに、目論見通り、単価も上げられたし。
これまた笑っちゃうけど、フリーランスになって1年経たないうちに、収入が1.5倍になったんですよ。
前の会社は10年働いて、最初の5年は昇給なし、6年目から年1万円の昇給で4万円アップしたけど、最後の年で鬱っぽくなって、仕事効率が落ちたからって、元に戻って4万円マイナス。
しかも、月100時間近い残業も残業代ゼロ、休日出勤も代休もないし、お金も出ない。
今は、月に20時間の残業があるかないかで、収入1.5倍。
こう労働時間も含めて考えると、実質収入倍増したんじゃないかと思います、本当に。

なんかね、会社に依存して一生を捧げて、年に数千円の昇給で働くのって、アホらしくなりませんか?
自分は今そんな気分です。

ちなみに、次の職場は六本木になりました。
六本木ヒルズにあるアカデミーヒルズのワークスペースで仕事することになりそうです。
六本木ヒルズに出勤ってかっこいいですね(笑)
リモートに近い働き方で、今後の方向性にも合っているし、良い案件かなと。

あと、これは今はまだ内緒にしておきますが、もう一つ別の仕事が進みそうな雰囲気です。

バタバタっと色々なものが動き出した感じがありますね。
フリーランスになってから、何か流れのようなものができているようです。
よく言われる「引き寄せの法則」ってやつかもしれません。

そういえば、SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略であるの最後の章にもこんなことが書いてありました。

人生の最も大切な選択は決して理屈で選ぶことはできないんです。
大切な選択であればあるほど、それは「闇夜で分かれ道を選ぶ」ぐらいの、直感的な判断力が問われるのです。

他人の意見や、理屈や、損得に頼らず、自分の直感を信じる。
今はその時だと思っています。
そして、動き続けること。
動けば、運と道は向こうからやってくる、そう信じて。