Aire Project Blog

一汁一菜でよいという提案 – 土井善晴 –

「一汁一菜でよいという提案」という本、だいぶ前に読んだんですが、今更ながら感想です。 「きょうの料理」などテレビや雑誌でも有名な料理研究家の土井善晴さんが書かれた本ですね。 レシピ本ではなく、エッセーのような内容になって …

「好きなことだけやって生きていく」という提案

「好きなことだけやって生きていく」と聞いて、どう思いますか? そんなことできるわけない? 好きなことだけで食べていけるのは一部の才能がある人だけだ? そもそも好きなことなんてないし? この本では、好きなことだけやって生き …

「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である

ひとりでいることが惨めだとか、ひとりでいるのは寂しいとか、そういう風に思う人が意外に多いのだということに、少し驚く。 僕自身はひとりでいる時間が好きだし、四六時中誰かと一緒にいるなんていうのは、鬱陶しくてたまらないと思う …

もう、がまんしない。

もう、がまんしない。(心屋仁之助)

GWの1日、「勉強カフェ」の無料見学会に行ってきました。 田町スタジオが会社から徒歩5分の場所にあり、出勤前に勉強したり、仕事したりするのにちょうどいいかと思って。 今、常駐している会社が始業が10時で通勤時間も短縮され …

ザ・オーディション

ザ・オーディション

演劇の先生に薦められて早速読んでみたのですが、これは演じるということやっている人は読むべき本だと思います。 これはハリウッド・ブロードウェイのオーディションで俳優たちを見てきた著者が、オーディションで合格するための指針に …

岳飛伝3

岳飛伝 三 – 嘶鳴の章 –

史進はもうほとんど無敵すぎて、どうやってこの物語から去っていくのだかわからなかったんだがな、と思う。 そんな史進でさえも、老いるのだと、感慨深くもあり寂しくもある。 まだまだ当分は活躍しそうな雰囲気ではあるけれど。 史進 …

続ける習慣

30日で人生を変える「続ける」習慣

三日坊主にならずに「続ける」って難しいですよね。 僕はとにかくいろんなことに手を出す癖があって、 面白そうなものがあったらとりあえずやってみる っていうのが基本方針なんですけど、逆に言うと、いろんなものに手を出しすぎて、 …

岳飛伝2

岳飛伝 二 – 飛流の章 –

  「岳飛伝」は北方謙三の中国歴史物シリーズの「大水滸伝三部作」の第三部です。 岳飛伝が文庫化されるのをずっと待ち続けて、ようやく読み始めることができました。 第一部の「水滸伝」は全十九巻、続く第二部の「楊令伝 …

男が30代でやめるべき習慣

いつものように本屋をブラブラしていて見つけて買った本です。 Twitterのつぶやきを見てみたら、11月20日に買ってますね。 なんとなく立ち寄った本屋で見つけた本。目次を読んだら、自分の考えとよく似ていたので中身が読み …